×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今、日本は国家存亡の危機です。日本には“なりすまし日本人”が国家中枢、マスコミに沢山いて、反日活動をしています。マスコミの情報を鵜呑みしてはいけません。
NHKなどメディアは、偏向・捏造報道で国民を騙し、洗脳しています。中国・韓国・北朝鮮・ロシアなど反日国家や日本解体を目論む反日左翼の日本人を打倒しましょう!

→当サイトは、自虐史観からの脱却を目指しています。日本は侵略戦争をしていません。
戦後GHQによって断絶された歪んだ歴史認識を是正し、本当の正しい歴史認識に関するつぶやきを、『 #歴史 』のハッシュタグをつけてつぶやいてください。


【自虐史観とは 】

【自虐史観 】
引用:自虐史観 - Wikipedia
太平洋戦争での敗戦により、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による統治が行われる中で、歴史学界や教育界の一部(学校教育の現場、日本教職員組合に入っている教師ほか)などでは、占領政策を支え、GHQに迎合するかたちで、なぜ敗戦に至ったのかという視点から過去への反省がなされることとなり、その過程で戦前の日本国民が共有していた価値観は覆され、否定される事になった。

アメリカとの比較で日本の近代化の遅れや、民主主義の未成熟などが問題とされることが多かった。
また、戦前には皇国史観が歴史学研究に影響を及ぼした結果、その発展が阻害されたといわれたため、その反省から、マルクス主義の影響を強く受けた歴史研究(唯物史観)が主流となった。
また、GHQによる「真相はこうだ」などの歴史検証番組の放送や、墨塗り教科書、皇国史観と見なされた図書の焚書などもそれに拍車をかけた。

しかしその流れが行き過ぎであると感じた勢力があったことや、冷戦の終結に伴いマルクス主義的な考え方の支持者が減少したことなどにより、日本の伝統・文化などにおいて歴史を再評価する傾向が表れ、「新しい歴史教科書をつくる会」などの運動が活発となった。

「つくる会」は、主として近代史において、日本の「誇るべき」歴史を貶める、これまで主流であった歴史認識を「自虐史観」であるとして批判する。
そして戦後の歴史教育は日本の歴史の負の面ばかりを強調し過ぎ、あまりにも偏った歴史観を自国民に植え付ける結果となったと指摘している。
その教育を受けた結果、「自分の国の歴史に誇りを持てない」、「昔の日本は最悪だった」、「日本は反省と謝罪を」という意識を植え付けられ、いわゆる戦後民主主義教育によって誤った歴史観、つまり自虐史観が蔓延したとして、「つくる会」の言うところの「暗黒史観」や「土下座教育」の改善を主張している。

■大東亜戦争で、日本は、アジア独立のために立ち上がり、白人による植民地支配からアジアを解放した誇りある国家です。

参考リンク

新しい歴史教科書をつくる会 - Wikipedia
本当の日本の歴史


ページの上部へ



お役立ち リンク集

ブログ リンク集

その他



produced by ソーシャルブックマーク SHA-RING.NET
Special Thanks to ニキビケア